西武新宿線東村山駅、再開発を終えた西口から徒歩5分のところにある株式会社増田コーポレーション様(東京都東村山市野口町)のホームページをCMS国内シェア1位のWordPress(ワードプレス)で構築した事例をご紹介させていただきます。

CMS国内シェア1位のWordPress(ワードプレス)でリニューアル

東村山 ホームページ制作 WordPressでの構築事例

増田コーポレーション様製材業・木材販売業として明治27年に創業、以来120年に渡って東村山で建築業を営んでいる老舗の企業です。本社ビルの向かいにある一面芝生の庭園とおしゃれなデザイン性の高いセレクトショップ「BOYA」も同社の経営です。(ホームページの夕暮れのメイン画像がそうです)

リニューアルを機にスタイリッシュな濃紺と木の柔らかみを喚起させる茶系をベースに再デザイン。システムはCMSを導入し、社内の皆様で建築実績を簡単に更新出来るようにいたしました。

TOPページのメイン画像(660×380ピクセル)にはjQueryのスライドショーを採用。プロのカメラマンが撮った建築実績写真を流れるように見ることができます。

また中下段にはCMS機能のお知らせ欄を最新3件表示。お客様が投稿した事業情報や地域貢献活動として同社が実行委員会事務局を努める「国宝正福寺の地蔵まつり」や「八坂神社例大祭」のリリースも掲載しています。CMSのメリットとして自動で最新のお知らせ投稿が上位に表示され、古いものは時系列に沿って収納されていく点があります。

現在登録数は100以上!木造からビル、リフォームまで幅広い施行実績

木造建築から鉄筋ビル、住宅リフォームまで多数の施行実績がある企業の場合、今回導入した簡単にページを追加がおこなえるCMSは特に威力を発揮いたします。

増田コーポレーション様の場合も現在100以上の施行実績をすべて写真入りで更新、このページだけでも100ページ以上になりますので膨大な建築データベースとも言えます。

現在登録数は100以上!木造からビル、リフォームまで幅広い施行実績

上記の左側は
「施行実績の一覧ページ」で、「施行実績ボタン」を押して最初に登場する画面です。
管理画面から投稿した施行実績は新しいものが自動的に一番上に表示されます。

投稿の際に「木の家」「ビル」「リフォーム」などのカテゴリを選択するので自動で色分けされます。カテゴリに所属する物件だけを抽出する事もできます。

上記の右側は
「一覧ページ」の物件をクリックしたときに現れる「施行実績の一覧ページ」です。

物件名や写真、施行のポイントやコメントがきれいに統一されて並びます。写真の下にはキャプション(説明文)を入れることもできます。

また一番上のメイン画像(芝生)の写真が自動的に一覧ページのサムネイルとして使用されます。

なお「お知らせ」ページもCMSを使っています。新築住宅の内覧会のお知らせや隣接するセレクトショップ「BOYA」でおこなわれるイベントや発表会のお知らせ、地域のお祭りや展示会のお知らせを、すべてお客様自身で更新しています。

CMSの機能を最大限に生かして、Webからの受注を増やす

実はCMSを使って実績を投稿していくことは大きなメリットがあります。

一つ目は「SEO検索エンジン上位表示対策に強い」ということです。「木造建築」「鉄筋ビル」「住宅」「リフォーム」などの事業用キーワードと「東村山」「小平」「東大和」などの地名キーワードを合わせたページが多数インターネット上に登場いたしますので、Googleやヤフーで検索した時に自然とユーザー(見込み客)の目に触れるようになります。

二つ目は「中身が濃く信頼性の高い会社案内が完成する」ということです。増田様の場合は建築ですが、それに限らず商品やサービスの事例、実績が多数載ったホームページほど、検討しているユーザーにとってわかりやすく信頼のおけるものはありません。比較検討する上でその企業の実力や信頼度を測ることが出来るからです。充実した会社案内ホームページを公開している会社は自然と声がかかる可能性も高くなると考えています。

三つ目は「社内の営業マンの重要な説明ツールになる」ということです。営業マンといっても説明の上手な人もいれば少々口べたな人もいます。全員が全員、最後までしっかり商品説明が出来るとも限らないのです。でも詳細な商品・サービス情報や利用方法が載ったホームページがあれば、パソコンやiPadなどのタブレット端末を使って、お客様と一緒に見ながら説明することが出来ますし、何より実際の写真を見ていただくことで説得力が増します。その場で説明出来なくても、お客様はあとでゆっくりホームページを見ることが出来るのです。

このようにCMSを使って企業ホームページを充実させること、ていねいな説明ときれいな写真を多数載せることはとても重要だと弊社では考えています。詳細は弊社の「CMS企業サイトのメリットデメリット」ページでもご説明させていただいていますのでぜひご覧下さい。

Scroll to Top