データベースサーバー
— DB Server & Service

データベースサーバー

ワードプレスで必須のデータベースの取り扱いもお任せください!高度なセキュリティと20年の安定運用実績

ワードプレスで必須のデータベースの取り扱い・運用もお任せください!
ツアーオンラインでは、強固なセキュリティを保持したデータベースサーバーをご用意しています。
データベースファイルの取り扱いやサーバー運用はすべて弊社にておこないますので、WordPressでホームページは作りたいけれども「データベースがよくわからない」「データベースに触りたくない」というお客様もご安心下さい。弊社が最後までサポートいたします。

※データベースサーバーは、弊社の保守管理サービスをご利用のお客様向けに提供しています。単体ではご提供しておりません。

データベースサーバーのご紹介

ワードプレス(WordPress)やMovable TypeなどのCMSやネットショップ管理システムのEC-CUBE(イーシーキューブ)の構築には「データベース」が必ず必要になります。(データベースが無いと動きません)
ツアーオンライン株式会社でご提供しているデータベースサーバー(DBサーバー)をご案内いたします。

データベースはウェブサーバーと分離独立

ワードプレスで必須のデータベース

データベースはウェブサーバーとは分離させて専用の環境で運用

ツアーオンライン株式会社の保守管理サービスでは、ウェブサーバーとデータベースサーバーは物理的に分離独立させて、別の専用環境で運用しています。
WordPressの場合、ウェブサーバーにはコアシステムやアップロード画像、プラグインなどが収容され、データベースサーバーには複数のテーブルにコンテンツや管理画面情報などが収容されています。つまり作成した文章やリンク、コメント、リンク、ユーザー情報などほぼすべての重要な情報はデータベースサーバーに保存されていることになりますので、別々のサーバーで運用することでリスクを分散しています。

※セキュリティー上の観点からDBはウェブサーバー経由での接続のみを許可しています。
※お客様のデータベースファイルは弊社のバックアップサービスに基づき毎日自動でバックアップしています。

データベースの種類はMySQL、PostgreSQL、MariaDBをご用意

データベースの種類はMySQL、PostgreSQL、MariaDBをご用意

データベースの種類は、MySQL、PostgreSQL、MariaDBをご用意しています。(主にMySQLを使用しています)
一般的なWordPressサイトをご利用でDBに特にこだわりが無いお客様は、弊社の方でサーバーセットアップ時にお客様のワードプレスのバージョンなどに合わせて適切なデータベースを設定しています。
(DBの指定があるお客様はオプションにて指定環境をご用意いたします。お問い合わせください)

データベースのカスタムもお任せくださ

データベースの呼び出し数の多いサイト(ページビューの多いサイト、記事数の膨大なサイト、商品点数の多いECサイトなど)の場合は通常(スタンダード)のデータベース仕様ではスペックが足りないケースがあります。
ツアーオンライン株式会社では、サイト構築時や保守管理サービスお引受け時にお客様サイトを確認した上で、必要の応じてデータベースのスペックアップなどカスタムをしてご提供しています。ご相談下さい。

※データベースサーバーは、弊社の保守管理サービスをご利用のお客様向けに提供しています。単体ではご提供しておりません。

データベースサーバー運用はすべて弊社におまかせ

データベースサーバー運用はすべて弊社におまかせ

一般の人にはあまり馴染みのないデータベースですが、ワードプレス(WordPress)やMovable TypeなどのCMSやネットショップ管理システムのEC-CUBE(イーシーキューブ)の構築には「データベース」が必ず必要になります。(データベースが無いと動きません)

WordPressのDB取り扱いもお任せくださ

WordPressサイトの新規作成やサーバー移動の際に必要なデータベースの作成、WordPressとの接続、サーバー移動時のデータベースファイル取得、新規サーバーでのデータベースインストールなどもお任せ下さい。
弊社のWordPress(ワードプレス)ホームページ保守管理サービスでは、データベースの取り扱いや運用もすべて弊社がおこないますので、お客様の方でやっていただくことはございません。ご安心ください。

データベースのセキュリティも強固に

データベースのセキュリティも強固に

ツアーオンライン株式会社では、他のサーバー同様にデータベースサーバーも強固なセキュリティを保持しています。

ファイヤーウォールや脆弱性アップデート

ネットワーク攻撃、DoS攻撃などによるデータやプログラムの盗み見、改ざん、破壊等を防ぐサーバーサイドでの「ファイヤーウォール」や各種アプリケーションの脆弱性対応やマイナーアップデート、バグフィックスなどを適宜実施して常に安全にご利用いただける状態を保持する「脆弱性アップデート」を実施しています。
ホームページ・サーバーのセキュリティ対策の詳細はこちら

DBへの接続アクセスも限定

データベースはお客様のウェブサーバー経由アクセスのみに限定(プライベートネットワーク)することで不正なアクセスを抑止しています。ただしWordPressのシステムがハッキングされてしまうとアクセス可能になりますので、WPのハッキング防止が大前提になります。
ワードプレス保守管理サービスはこちら

毎日の自動バックアップ

お客様のデータベースは毎日自動でバックアップを実施、最大で過去14日分を保管していますので、万が一の、データベースへの不正アクセスや改ざん、ハッキングが起きた際には、数日前のクリーンな状態のデータベースを取得した上で、復元することができます。(復元作業は別途ご相談)
バックアップサービスの詳細はこちら

データベースサーバー機能一覧表

提供対象当データベースサーバーは保守管理サービスをお申込のすべてのお客さまに提供しています
※当データベースサーバーは弊社のウェブサーバーサービスと紐付いています。
データベースの種類MySQL、PostgreSQL、MariaDBをご用意しています。(主にMySQLを使用しています)
データベースの設定などお客さまの方でやっていただく作業はありません。
サーバー環境データベースサーバーはコンテンツを収容するウェブサーバーとは別の専用環境にて運用。
データベース数特に制限無し。
1DBあたりの容量1DBあたりの容量はおおよそ5GB
※一般的な利用方法で5GBを超えることはほとんどありませんが、仮に5GB以上を要する場合は別途ご相談の上ご用意。
DBバックアップお客様のデータベースファイルは弊社のバックアップサービスに基づき毎日自動でバックアップしています。
万が一の、データベースへの不正アクセスや改ざん、ハッキングが起きた際には、数日前のクリーンな状態のデータベースを取得した上で、復元することができます。(復元作業は別途ご相談)
DBサーバーの運用データベースの作成や追加、削除などはすべて弊社にておこないます。お客様の方でやっていただくことはございません。
phpMyAdmin弊社では、保守運用ポリシー、セキュリティの観点から、phpMyAdminなどの管理ツールはご提供しておりません。
データベースファイルが必要なお客様は弊社にて取得後、ファイルをお送りしています。

サイト管理会社の変更、サーバー管理の移管

ホームページ管理会社の変更、サーバー管理の移管を検討されているお客さまはお気軽にご相談ください。

弊社はこれまでに数百社の企業のホームページの移管(ワードプレスの移管)、サーバーの変更をおこなっています。多くの経験を通して移管のスムーズなノウハウを蓄積しております。サイトを停止することなくスムーズな引継ぎを心がけています。

ホームページを担当していた社員が辞めてしまって更新できなくなった
ホームページ管理会社が廃業してしまうので早急に変更したい
ホームページ管理会社との関係がうまくいかないので変更したい
ホームページ管理やサーバー、ドメインを一括して管理してほしい
ワードプレスのことをよく知っている会社に変更したい

などでお困りのお客さまはお気軽にご相談ください。

そのまま弊社サーバーに移動した上で管理の引き継ぎをいたします

現在、他社で管理しているホームページとドメイン、サーバー、メールアドレスをそのまま弊社サーバーに移動した上で管理の引き継ぎをいたします。
ご利用中のホームページのURL(例 aaaaaa.jp )やメールアドレス(例 yamada@aaaaa.jp )が変わってしまうことはございませんのでご安心ください。
また引継ぎ作業時に、旧制作会社が保有していたパスワードなども変更いたしますので、完了後はお客さまのみが知る安心パスワードになります。
ご検討の方は「サイト管理会社の変更、サーバー管理の移管について」のページをご覧下さい。

Scroll to Top