Advice

サイト作成に
必要なもの

ホームページ公開に必要なものは

会社のホームページを作りたいけれど何が必要なの?英語ばかりでよくわからない・・・
一見難しそうに見えるホームページ作成ですが、実は意外に簡単です。最近は世界で最もシェアの高いCMSのワードプレス(WordPress)を使ってサイトを構築する企業も多数あります。ワードやエクセルを使えるスキルがあれば自分で作ることも難しいことではありません。

ホームページの作成に必要なものは3つ

ホームページの作成に最低限必要なものは「ドメイン(URL)」「サーバー」「コンテンツ」の3つです。
反対にいえばこの3つさえ揃っていれば誰でもホームページを立ち上げる事ができます。

ホームページ制作には3つの費用が必ず発生します

1つ目「ドメイン」

1つ目の「ドメイン(URL)」はインターネット上の御社の商号のようなもので、tol.jp などにあたります。
ヤフーであれば yahoo.co.jp 、iPhoneのAppleであれば apple.com で、一般的には希望する英数字で取得することができます。jp、com、netなど末尾につける英語をトップレベルドメインと呼び、たとえば佐藤商事であれば sato.jp や sato.co.jp 、 sato.com 、sato.net など従来からの定番ドメインのほか、近年では .xyz 、.me 、.tokyo など様々な種類のドメインがあります。ドメインはJP、COM どれがお薦め?もご覧下さい。
ただ、日本の中小企業がビジネスとして取得する場合は、お客様に説明する時にわかりやすい(あまり違和感を持たれないような) .jp 、.co.jp 、 .com 、.net などの一般的なものから選んだ方が無難でしょう。
取得したドメインはhttp をつけてホームページのURLとして使用します。弊社であれば httpsをつけて https://www.tol.jp/ となります。
またドメインは同時に会社のメールアドレスを兼ねることが多く、山田さんであれば yamada@tol.jp 、佐藤さんであれば sato@tol.jp などとして使用します。
ドメイン取得は基本的には1年に1回の費用(年間維持費用)が発生します。取得はレジストラなどの管理会社経由でおこない、取得後の更新は管理会社によって異なりますが、基本的に1年ごとになります。基本的には年間維持費用を払えば更新、払わなければ自動解約となります。

補足 DNSサーバー(ネームサーバー)

補足として、その他にホームページにはドメインに附属していることが多い「DNSサーバー(ネームサーバー)」も必要になります。
ホームページを公開するにあたって、取得したドメイン 例 sato.jp などのURLをウェブサーバーのIPアドレスに接続するためのもので、この設定がおこなわれていないとホームページは公開できません。

弊社ではドメイン取得と更新管理、DNSサーバー(ネームサーバー)を一括しての管理を承っていますのでお問い合わせください。

2つ目「サーバー」

2つ目の「サーバー」はインターネット上の倉庫のようなもので、作成したホームページコンテンツをアップロードしておく場所です。一般的には事業社のサーバーを共有で使用するケースが多く、月額費用が発生いたします。レンタルサーバー、ホスティングサービスと呼ばれるものです。

金額もスペックやサポート内容によってさまざまです。サーバーのある場所はさまざまで、日本国内のデータセンターにある場合もあれば、安いレンタルサーバーなどは海外にある場合もあります。
またひとくちにサーバーと言っても、用途別にウェブサーバー、データベースサーバー、メールサーバー、アプリケーションサーバーなどに分かれており、一般的な企業のホームページではウェブサーバー、WordPressなどのCMSを使用する場合はウェブサーバー+データベースサーバーを使ってホームページを構築していきます。メールを使用する場合はメールサーバーが必要になります。

近年ではAmazonやGoogleなど海外大手が提供するクラウドサーバーも増えてきました。使った分だけ課金されるシステムが多く、イレギュラー案件にはおすすめです。ただ当然のことながら大半が英語表記ですので、苦手な方は止めておいた方が無難です。

3つ目「ホームページコンテンツ」

3つ目の「コンテンツ」はホームページのデータ(ページ)のことです。
一見難しそうに見えるホームページ作成ですが、実は意外に簡単です。ワードやエクセルを使えるスキルがあれば自分で作ることも難しいことではありません。

書店にいけばホームページ作成に関するテキストが多数ありますので、ホームページビルダーなどの作成ソフトを使ってお客様自身で作ってみるのも一つの手です。

近年ではCMS(コンテンツマネジメントシステム)というお客様自身で更新が容易なプログラムも多くなってきています。代表的なところだとワードプレス(WordPress)です。
WordPressのサーバーインストールや初期設定などの構築部分などの難しい部分や最初だけ制作会社が作成をして、その後の運用はページの追加はコストをかけずにCMSを使うのもおすすめです。

中小企業のホームページ制作

ドメイン、サーバー、ホームページコンテンツについて説明しました。
中小企業がホームページを制作する場合は、いくつかのパターンがあります。ホームページを社内スタッフや友人が無料で作る場合も「ドメイン維持管理費用」と「レンタルサーバー費用」は実費でかかります。

パターン1
すべて自分でおこなう

ドメインの取得管理もサーバーの開通もホームページの制作、公開後の更新もすべて自分でおこなうパターンです。
これは過去にサイト制作の経験がある人、もともとITスキルが高い人、自分ですべて試行錯誤しながら作業をするのが好きな会社が向いています。
また創業したばかりで費用をかけられない会社の場合もおすすめです。すべて自分でおこないますので費用も抑えることができます。

パターン2
サーバーとドメインだけ業者に依頼

ドメインの取得管理とサーバー管理は業者に依頼して、ホームページの制作と公開後の更新を自社でおこなうパターンです。
会社にデザインが得意なスタッフがいる場合などは、サーバーやドメイン、メールなど技術的な環境構築だけサーバー会社などに依頼して、あとは社内スタッフが自由にホームページを作ります。公開後の更新作業も社内のスタッフが自由におこないます。サーバーやメール、DNSといったテクノロジー部分は苦手だけど、デザインは得意、好きという会社に向いているパターンです。

パターン3
サイト制作だけ業者に依頼

ドメインの取得管理とサーバー管理は自社にあるものを使用して、ホームページの制作と公開後の更新は業者に依頼するパターンです
会社にすでにサーバーなどの自社資産があって技術的にも対応可能な場合は、ホームページデザイン部分やWordPressなどのCMS制作部分だけを業者に依頼してスタートすることができます。またはデザイン部分だけを知人のデザイナーに依頼をして、CMSの組み込みは別の制作会社に依頼するケースもあります。
システム系のことは得意だけど、ホームページデザイン制作は難しいという会社に向いているパターンです。

パターン4
すべて一括で制作会社に依頼

ドメインの取得管理、サーバー構築と管理、ホームページの制作を一括して他社に依頼するパターンです。
おそらく一番多いケースです。ドメインの取得管理やサーバー管理、ホームページ制作に関して、社内に得意な人材がいない場合は、一括して制作会社などに依頼します。依頼を受けた制作会社はドメイン、サーバー、ホームページについての段取りをします。

補足 会社のホームページで無料サービスは止めておきましょう

近年はハードディスクのコストが安くなったことや戦略的な意味合いでユーザーを集めるために低価格サーバーや無料ホームページを提供している会社もあります。こういった無料サービスの目的は多くのユーザーを確保した上で、一定の段階になった時にグレードアップなどで課金を始めることがほとんどなので、うまくいかなかった場合、サービス停止の可能性が高くなります。

個人の趣味であれば個人の責任において止める事ができますので問題ありませんが、無料サービスを使い続けることは難しく、企業の場合は取引先への告知や社員のメールアドレスにまで影響して来ますので、なるべく避けておいた方が無難です。

サポートデスク

ツアーオンライン株式会社では、ドメイン取得管理、サーバー構築、ホームページ制作などサイト運用に必要なすべてをご提供しています。
お客様のご要望にあわせた最適なプランをご提案いたしますので、ご不明点、ご質問などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

Scroll to Top