ホームページ制作会社の選び方(出身業種はいろいろです)


ホームページ制作会社といっても出身母体・系統はいろいろ

皆さんが事業を営む地域でホームページ制作会社と検索(例:三鷹市 ホームページ制作)してみると実に多くの会社が出て来ます。特に「ホームページ制作業」は世の中に登場してからまだ15年程度の比較的新しい業界で、資格不要のため、本業がホームページ制作ではない会社も数多く参入しています。玉石混淆といいますか、スキルや料金、顧客対応が会社によって千差万別なのです。

ホームページ制作という業務は実は少々複雑で、デザイン、設計、コーディング(ソースコード記述)、WEBプログラム、レンタルサーバー、ドメイン、運用(SEOや更新)など必要なことが多岐に渡っています。デザインが得意な人、コーディングが得意な人、プログラムが得意な人、SEOや運用が得意な人などが、それぞれ自分の得意分野だけを担当している制作会社であれば、とても質の高いホームページが出来上がるのですが、時としてデザインだけが得意な人が進行管理含めて全てのホームページ制作をおこなっていたり、プログラムが得意な人が人手不足でデザインも手掛けていたりといったことが往々にしてあるのです(特に個人事業やSOHOはその傾向が強くなります)。これらはホームページ制作業界だけのことではなく、皆さんの業界にもありがちなことではありますが、結果的に「お客さま(依頼主)の優先ニーズ」と合致せずに、ピンとこない成果物が出来上がって来たりする一因でもあります。

下記は制作会社の出身母体、系統をまとめたものですので、まずはご覧下さい。

制作会社の系統 一覧表

印刷・広告代理店系 パンフレットやチラシの印刷がメインの会社。Webデザイン、SEOやシステム開発、使い勝手(Webサイトの設計)は専門外の事も。基本的には印刷物や広告とのセット販売が多い。
システム開発会社系 緻密な仕様書付き見積書が特徴です。システムもオリジナル構築の提案が多く、値段は少々高めです。デザインは専門外の場合も。
営業会社系 もともとビジネスフォンやコピー機などを販売代理する営業メインの会社です。担当営業マンに専門知識はなく、制作もほぼ外注に出すことが多い。「儲かる!」「売上●倍!」系セミナーを積極的に開催。
コンサルティング系 コンサルタントや士業(税理士など)などが本業。主に顧問先に対してホームページを提供。専門知識はないため、ホームページは簡単更新ソフトを販売することが多いようです。
個人・SOHO系 基本的に一人で制作しているため、値段が比較的リーズナブルなのが特徴。経営不安や病気なので廃業してしまうリスクがあります。スキルとプロ意識も個人個人によって大きな差があります。
友人・知人系 個人・SOHOと似ていますが、友人知人なので融通が利くのと値段も安めです。もともとがビジネス取引ではないため、納品後、しばらく経ってからの更新や修正を頼みづらくなることが多いようです。
Web制作専門 創業時よりWEB制作を専門でおこなっている会社。ホームページ制作やインターネットに関することが本業の会社で、自社で打ち合わせやデザイン、コーディングまでこなすのが当たり前。

ホームページ制作会社 系統別 おおよその費用感

次にそれぞれの出身母体、系統ごとの制作会社のおおよその費用感はどの程度なのかをまとめてみました。下記のグラフは弊社のインターネット業界15年以上の経験値に基づくものであり、すべての企業がグラフの通りではないことを前提にご覧いただきたいのですが、やはり一番リーズナブルなのは「友人知人系」「個人事業・SOHO系」のホームページ制作です。もちろん「友人知人系」といっても大手システム開発会社に勤務している人に頼めば高くなってしまいますので、ここでの意味はフリーランスや個人事業でやっている人、本業は別だけど個人的にサイト制作が好きな人などを指します。反対に比較的に高めなのははやりシステム開発会社系です。

ホームページの作成に最低限必要なものは「ドメイン(URL)」「サーバー」「コンテンツ(デザインや文章)」の3つです。「ドメイン(URL)」費用はどこの会社でも大差はありませんので、「サーバー」「コンテンツ」の費用、特に「コンテンツ」の制作費が会社によって異なってきます。
※「ホームページの作成に必要なもの」もご覧下さい。
ホームページ制作会社 系統別 おおよその費用感


ホームページ制作会社はどうやって選べばいいのか

それでは、ホームページ制作会社を選ぶ時には、どのような点に注意をして検討すればいいのでしょうか。
大きなポイントは「自社がもっとも重要に思っていることを得意としているか、その実績があるか?」を見極めることだと思います。
ホームページ制作会社は、制作して納品して終了が基本の会社、保守サポートにも力を入れている会社、更新システムなどのプログラムやソフトを提供して売上を立てる会社、成果(売上やアクセス数、検索表示順位)に応じた報酬が前提の会社など、事業スタンスやビジネスモデルもさまざまです。自社がホームページでもっとも優先的に考えていることと制作会社の事業スタンスやビジネスモデルが合致していないと、最初はよくても段々うまくいかなくなってくるのですね。

例えば、社内にネットに詳しい人が皆無なので制作後の更新やアドバイスも受けたいと思っている会社が、制作して納品完了型の遠方の制作会社に依頼しても継続的なサポートは期待できませんし、値段が安ければ良くて公開後の更新がほとんど必要ない会社が、システム開発が得意な制作会社に依頼してもミスマッチになってしまいます。

次の項目では、具体的な選択方法をご紹介いたします。


まず最初に、ホームページのリース契約はやめましょう!

まず最初に、ホームページのリース契約(ビジネスクレジットを含む)はやめましょう。(経済産業省・中小企業庁も注意を促しています)
ホームページは無形であり、リース契約はできません。しかし更新ソフトDVDやパソコン本体に5年程度(60回払い)のリースをかける形で「初期費用無料のホームページ」を販売する業者があります。販売業者にはクレジット会社から前金で全額(180万円~300万円ほど)が入金されるため、途中解約できないなど販売側に強いメリットがある取引形態です。途中で辞めたくても、クレジット会社や信販会社への債務だけが何年も残ることになります。
最初にお金をかけたくない、初期制作費用を一括で払うのは避けたいという場合は、ホームページリースを選ぶのではなく(間に信販会社を入れるのではなく)、制作会社に制作費の分割払いの相談をしたほうがまだ良いと思います。


もっとも重要な決定ポイントが「値段の安さ」の場合

もっとも重要なポイントが制作費用の安さの場合は、友人や知人系、個人事業主・SOHO系、コンサルティング系くらいの幅の中から検討しましょう。良い制作者を見つけられると比較的安価に質の高いホームページを作ってもらうことができます。ただデザインはその人のセンスによるところが多く、異なるテイストを求めるのは困難です。事前に制作実績を見せてもらった上で「このデザインテイストなら自社とマッチしている」と納得できるところに依頼しましょう。
またコンサルティング系の場合は、デザインを自分で作る訳ではないと思いますので、提供される制作システムやテンプレートのチェックが必要です。

●格安制作費8ページ50,000円ポッキリとか初回制作費0円で月々2,000円とか本当に大丈夫なの?と考えている方は、こちらの「対応に不満?格安ホームページ制作会社には依頼しない方が無難」もぜひご覧下さい。


もっとも重要な決定ポイントが「デザイン」の場合

もっとも重要なポイントがデザイン(ホームページの色合いや雰囲気、写真やイラストの使い方)の場合は、個人事業主・SOHO系、印刷・広告代理店系、Web制作専門系など、社内にデザイナーを抱えていて、かつ打ち合わせ窓口となる担当もデザインのことがわかっていそうな会社から選びましょう(社内にデザイナーはいるけど窓口の担当がデザインに疎いと話がうまく伝わらないことが多くうまくいきません)。
制作実績のデザインに気に入ったものが多い、制作会社自身のホームページも好感が持てる会社から選ぶと良いと思います。また依頼する時には自分の好きなサイト、気に入っているサイトのURLを教えて、具体的に「このような感じのサイトを作って欲しい」と伝えるのも一つの手です。
※「好感度の高いホームページとはどんなサイト?」もご覧下さい。


もっとも重要な決定ポイントが「サイト機能」の場合

もっとも重要なポイントがサイトの独自機能の場合です。独自機能の意味は少々あいまいで定義しにくいのですが、例えば会社の商品に合わせた「ECサイト(ネットショップシステム)」や、多数多品種ある自社商品の概要や料金をホームページで説明する機能、お知らせや施工実績以外の機能を取り込んだCMS(コンテンツマネジメントシステム)、など通常の会社案内的なホームページだけではなく、一歩自社のサービス形態に合わせて、カスタマイズするようなケースです。
これらの場合に重要なのは、クライアントの要望をしっかりと把握した上で設計書に落とせる担当者の存在、そして公開後に発生する細かな修正や改善に対応できる体勢の会社です。Web制作専門系の会社、システム開発会社系などで、何かあった時にすぐ打ち合わせができるように近くの会社がいいでしょう。これらの機能はメンテナンスや保守が重要になるため、制作会社としての歴史が10年以上ある会社、同様の企業クライアントを多数抱えている制作会社が安心できるのではないでしょうか。(反対に友人知人系、個人事業SOHO系は不向きでしょう)


またその他にも、もっとも重要な決定ポイントが「SEO(検索エンジン上位表示対策)」、もっとも重要な決定ポイントが「困ったときにすぐ打ち合わせができる地元の会社」、もっとも重要な決定ポイントが「顧問税理士のように毎月1回来社してアドバイスを1時間してくれる会社」、「とにかく問い合わせを増やしてくれる会社」など、100社あれば100社の要望や課題があるはずです。少なくとも会社の顔であるホームページを見ても、得意分野がいまいちわからない制作会社には依頼しない方がいいでしょう。


最後に とても重要なこと

企業ホームページは、4、5年前とは比べものにならないくらい重要なものになっています。
数年前であれば、「何かを買いたい、依頼したい」会社を探す時には、会社や自宅のパソコンで調べたり、ガラケーのiモードで細々と探したりすることが大半でしたが、スマートフォンの登場で状況は一変しました。パソコンが苦手な主婦も年輩の方も、学生も、そして会社のパソコンでは調べづらかったプライベートなことも、全部、自分がいつも持ち歩いているスマートフォンで探せるようになったのです。

この記事をご覧の皆様もそうだと思いますが、「何かを買いたい、依頼したい」会社を探す時に、一箇所だけですぐ決めてしまう人はあまりいません。ほとんどの人は、何カ所も企業サイトを見ながら、良さそうな会社やお店をピックアップして、絞り込んでいきます。その時に格安会社で作った、どこかで見たようなデザインの企業ホームページでは、選考から落ちてしまう可能性が高いのです。

「他社には無い独自のサービス・商品を持った会社」「クチコミで評判の高いお店」「SEOがとても強くいつも検索上位にいる会社」であれば良いのですが、大半の会社・お店はそうではありません。多数のライバルと厳しい競争の中にいるはずです。自社のホームページで「会社の思い」「商品やサービスの特徴」「誠実さや安心感」をしっかりと訴え、ネット上でお客さまに理解してもらってこそ、初めてお問い合わせや注文が来るのです。

格安の飲食店に入って、料理が美味しくなかったり、接客態度が不満だったりしても、数千円のことですし、もう二度と行かなければすみます。でもホームページ制作で失敗してしまうと、すぐに作り直すわけにはいきませんし、自社の売り上げにも悪い影響が出てしまうのです。

ホームページは作って終わりではありません。実際の店舗や企業と同様に、日々の運営、経営で気付いた改善点を常に解決していかなければ、良いサイト(お店や会社)にはなっていきません。GoogleなどのSEO検索エンジン対策的にも弱くなっていきます。そんな時に、ホームページの更新を嫌がる制作会社だと、誠実にメンテナンスを対応してくれないことが多いのです。そして結果的に作業を頼みづらく、サイトは段々と古い情報になってしまい、検索エンジンの順位も少しずつ落ちていってしまいます。

これらのことから、ホームページ制作会社を選ぶ時には、値段だけではなく、自分がもっとも重要だと考えていることを満たしてくれるかどうかを基準にされた方がいいでしょう。

●格安制作費8ページ50,000円ポッキリとか初回制作費0円で月々2,000円とか本当に大丈夫なの?こちらの「対応に不満?格安ホームページ制作会社には依頼しない方が無難」もぜひご覧下さい。


ホームページに関することなら何でも We welcome any enquiry.

  • 同業他社と比較した時に選ばれるサイトが欲しい
  • 取引先から「良いね」と言われるサイトにしたい
  • 見た目が古くなってしまったので新しくしたい
  • もっとレスポンスの早い制作会社に頼みたい
  • 既存顧客に自社情報をスピーディーに届けたい
  • 担当者が退職して運営更新が滞ってしまっている
  • アクセス解析を入れてマーケティングに活かしたい
  • Yahoo!で検索した時にもっと上位に表示させたい

お気軽に資料をご請求ください。

私たちは御社の魅力が多くの人にアピール出来る最高のホームページをお作りいたします。今すぐではないが、ホームページで何ができるのか、トレンドは何か、だいたいの予算だけ把握しておきたいなどというお問い合せやご相談にも対応しています。お気軽に資料請求・お問い合せください。