ホームページの更新を頻繁におこなうことは、SEO(検索エンジン最適化)の上で、もっとも重要なポイントの一つです。
「サイトを公開したけれどいまいち反響がない」「何ヶ月も経つけどなかなか上位に上がって来ない」などの課題を抱えたホームページを調べてみると、公開以来ほとんど更新をしていなかったのが原因ということが多々あります。更新が重要な理由はなぜでしょうか。また偏に更新と言ってもどのような方法が一番効果的なのでしょうか。

人は常に新鮮で価値のある情報を求めるもの

私たちの生活する社会では毎日さまざまなニュースが新聞、テレビ、インターネット、ラジオなどを通して流れてきます。ニュースとは大辞泉に拠ると「新しく一般にはまだ知られていないできごとや情報」のこと。昨日までは世の中に存在しなかった新しい出来事を知り、調べ、考え、理解したいという知的好奇心は、健全な人間の根源的な欲求の表れでもあり、多くの人と関わり合いながら暮らすこの社会においても、コミュニケーションを図る上で、ビジネスを円滑に進める上で、とても重要なことではないでしょうか。

中でもインターネットによる情報収集はもっとも能動的な方法といえるでしょう。ユーザーは知らないことを調べるためにわざわざパソコンを立ち上げ、Googleなどの検索エンジンを開き、キーボードでキーワードを打ち込んで、数多く表示されるホームページの中から価値のありそうなサイトを選び、サイトの情報を読み、そして自分の知的欲求を満たすわけです。オフィスやリビングでなんとなく受動的に流れているテレビ、ラジオとは異なり、明らかに「Aについて知りたいという明確な意志」のもとに行動しているのです。


検索エンジンの存在価値はユーザーが求めているものを提供する事

検索エンジンの存在価値はユーザーが求めているものを提供する事現在、世界にあるドメイン・Webサイトは約9億(※1)、Webページは数兆にもなると言われています。人間の頭と手で探し出すのは実質不可能な数字であり、グーグル(Google)やマイクロソフトのビング(Bing)などの検索エンジンの存在なしでは難しくなっています。ちなみに日本の検索エンジンシェアは、大手Yahoo! JAPANがGoogle社の検索エンジンを採用しているため、双方合わせたGoogleのシェアは90%近く(※2)にもなります。

ユーザーの「知りたい欲求」を満たすために検索エンジンが必死に取り組んでいること。それはユーザーが「求めているであろう情報」を、膨大なホームページの中から整理整頓して、もっとも適切だと思われるものを素早く提示することです。そのために日々、ページをクロールしてインデックス化、200 を超える独自のシグナルを手がかりに、検索結果を出しているのです。1から順番に並んだ検索結果はGoogle社が「恐らくあなたが最初に見た方が良いホームページはこれですよ」という優先順位リストといえるでしょう。

ユーザーが探しているものは、世の中に新しく登場した事件であったり事故であったり、ビジネスの世界であれば新商品発表などであったりします。「iPhone」の新製品が発売された時にはそれに関するもっとも適切なサイトや最新記事を上位に表示させ、「参議院選挙」がおこなわれた時はそれに関する情報を表示させなければいけないのです。何年も前の古い「iPhone 3G」の情報が上位に来てはユーザーの要求を満たすことができないわけです。

Googleなど検索エンジンの存在価値はユーザーを探しているものをすばやく提供することなのです。反対にいえば、自らの存在価値を脅かす「価値の低いホームページ」や「評判のよくないホームページ」を上位に表示させてしまうのは絶対に阻止しなければならない訳です。

※1 出典:米国 Internet Systems Consortium http://www.isc.org/services/survey/
※2 出店:日本 アウンコンサルティング社 世界40の国と地域の検索エンジンシェア【2012年発表】


ユーザーにとって有益なサイトは上位に掲載される

では検索エンジンはユーザーの求めているものを提供するため、そして自らの存在価値をいっそう高めるため、どのようなロジックに基づいて順番を決めているのでしょうか。

前述の通り、Googleであれば200以上ものアルゴリズムに基づいて決定しており、有名なのは「披リンク数」「ドメインエイジ」などが挙げられます。でもGoogleの結果をただ待っていればいいだけではありません。他方で私たち企業(サイト運営者)がおこなえる向上案、改善策も数多くあります。

具体的には「適切なページタイトル」や「ページ概要の記述」や「URL構造の改善」「わかりやすいナビゲーション」などですが、ここでは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization:SEO)の王道中の王道である「質の高いコンテンツの充実」と「頻繁な更新とページ追加」についてご説明いたします。

ユーザーを探しているものをすばやく提供することがGoogleなど検索エンジンの存在価値であると述べました。なぜ「コンテンツの充実」と「頻繁な更新」がSEOの王道なのかは、Google社の側に立って考えてみるとよくわかります。

  • 「ユーザーが検索するのはものごとを調べるためである」
  • yajirushi

  • 「ものごとを解決するためにはなるべく価値のある情報だけを読みたい」
  • yajirushi

  • 「価値のある情報とは読みやすく充実したコンテンツであることが多いはず」
    「価値のある情報とは世に出たばかりの新鮮な情報であることが多いはず」
  • yajirushi

  • 「充実したコンテンツを載せているサイトは頻繁に更新されているはず」
    「新鮮な情報を載せているサイトは頻繁に更新されているはず」
    「また上記のようなサイトは他の人に紹介されることが多いはず」
  • yajirushi

  • 「他の人に紹介されることが多いサイトは有益なサイトである可能性が高いはず」
    「紹介が多いサイトからさらに紹介されているサイトもまた有益なサイトであるはず」
  • yajirushi

  • 「有益なサイトはユーザーが求めているもの。だからなるべく上位に掲載した方が良い」

という論法が成り立ちます。
「信頼出来る人から紹介された人もまた信頼出来る人である可能性が高い」
という人間社会と同じこの判断基準は現在もGoogleの検索順位の基本ロジックとなっているものです。


SEO検索結果に強い典型例は大手新聞社サイト

上記を満たすようなサイトとしては新聞社のホームページなどが挙げられるでしょう。

  • 毎日新鮮な情報が頻繁に更新・追加されている
  • 文章が読者向けにわかりやすくまとめられている
  • 独自の視点で書かれた社説やコラムなどが充実している
  • コンテンツがテーマ毎に整理整頓されている
  • SNSやブログで紹介、引用されることがとても多い

などのポイントが、検索エンジン側の希望、ユーザー側の要望とぴったりと合致しているのです。だから新聞社のサイトは上位に表示されるのです。

数年前にGoogleは自社のクロールロボットをカスタマイズして、世界中のニュースを集めた「Google ニュース」というコンテンツ?アグリゲーターを公開しました。これまでは各社の論調を調べようとするとサイトを個別に訪問しなければならなかったものが、このサービスのおかげですべて一カ所に集約されてしまった訳です。Googleが取った手法については「コンテンツのただ乗りだ」という意見や「結果的にリンクで自社サイトに飛んでくるから助かる」という意見があり、どちらともいえないところですが、現在も同社の人気サービスとして続いています。Googleとしては「ニュース(新鮮な情報)」というユーザーの興味が高いものは、多少軋轢を生んだとしても何とか扱いたかったと想像できる一例でしょう。

実際にGoogleはウェブマスター向けのガイドラインで
「更新を頻繁におこないましょう」「役立つコンテンツを提供し、いつも最新の状態に保ちましょう」と述べています。
つまり現実的がどうかを無視すれば「大手新聞社のような中身の濃いコンテンツを頻繁に追加すること」が、検索結果で上位に来る近道だということになります。


どのような更新方法が一番効果的なのでしょうか

しかし私たち企業のホームページは、新聞社のように毎日ホームページに載せるような商品発表や事件事故がある訳でもなければ、また新聞記者のように優れたわかりやすい文章を書くプロでもありません。そもそもギリギリの人員で業務をおこなっているので、ホームページの更新専用のスタッフがいる会社は少ないわけです。

そのような自社環境の中で、SEOの王道中の王道と言われる「質の高いコンテンツ」と「頻繁な更新やページの追加」はどうやっていけばいいのでしょうか。

簡単なところでは

  • お知らせページやブログを使って、ユーザーの役に立つ情報をこまめに更新する
    ただしブログはアメブロやFC2のような外部ブログでは、いくらページを増やしても、自社の実績(何を以て実績というかはおいておいて)ではなく、アメブロの実績になりますので、自社URLのページが増えていくものが望ましいでしょう。それも自社サービスと合致したテーマに基づいた情報を更新していく必要があります。

  • 施工実績や新商品情報、最新業務情報を定期的に更新してページを追加する
    ホームページに施工写真や商品写真を載せて見ている人が価値を感じるものにします。時折、文章を書くのが面倒なのか、写真だけをボンボン上げているホームページもありますが、SEOの重要な点は文章(テキスト)です。大変でもなるべく多くの文章を書いて載せるようにしましょう。

  • 会社案内や沿革を定期的に更新する
    会社概要の免許番号や営業所、取扱商品が増えたり、減ったりしているのにそのままにしているケースはありませんか。毎月とは言いませんが、せめて半年に1回はページを確認して、最新の情報を追加するようにしましょう。

これらのことをこまめにやるだけでも、自社サイトの置かれた状況はかなり好転するはずです。ホームページを更新するということは世の中に新しい情報を公開することです。更新と同時にサーバーの中のタイムスタンプ(更新日付)が新しくなります。GoogleやBingなどの検索エンジンのロボットは、新しくなったタイムスタンプを見て、訪問しにきます。そこで有益な情報が追加されていれば、先ほど述べた「価値のある情報とはしっかりしたコンテンツであることが多い。また世に出たばかりの新しい情報であることが多い」のロジックに基づいて検索順位の上下を機械的に判断するのです。

どうでしょうか。これ位なら社内で当番を決めて更新するとか、なんとか出来そうではありませんか?


余裕があればユーザーの為になるコンテンツを作りましょう

余裕があればユーザーの為になるコンテンツを作りましょう料理を作る時には「クックパッド」を、来週行くお店を探す時には「食べログ」を、経済ニュースを見る時には「日本経済新聞」を、粗大ゴミを出すときには「市役所の粗大ゴミ引取ページ」を見る人は多いはずです。

それはなぜでしょうか。自分の知りたい情報が載っていて、大体は無料で見られるので、おおよそ解決出来るからです。

先ほど述べた「しっかりしたコンテンツや新しい情報はWebやメールを介して他の人に紹介されることが多い」を思い出してみましょう。自分の会社のホームページをもう一度確認してみてください。「クックパッド」や「食べログ」「日本経済新聞」みたいに、ユーザーが読んで為になるコンテンツは載っていますか?恐らく大半の会社は企業アピール、商品アピールで埋め尽くされているのではないでしょうか。

もちろん最初はそれで良いと思いますし、制作予算が無限にあるわけではありませんから、全く問題ないと思います。しかし年々Webサイトの数が膨張を続け、自社と他社の差別化が難しくなって来ている近年は、もう一手間かけて、ユーザーが求めているコンテンツを作った方が、同業他社の中でより目立つものになるでしょう。

スタッフが集まってミーティングをおこなえば、いくらでも面白そうなアイデア、コンテンツは出てくるはずです。
例えば

  • リフォーム会社なら「ここまでならお父さんでも出来る日曜大工(でもここからはプロ依頼がお薦め)」
  • レストランなら「ちょっとした記念日に作るデリシャスなスイーツ特集(お店でも出しています)」
  • 建設会社工務店なら、出来るかどうかは別として「震度7でもこれだけしか傷みませんでした実例集」
  • メーカー製造業なら「弊社社長が行く!導入企業訪問インタビュー」や「購入商品ビフォーアフター」
  • 士業・コンサルタント業ならイラストや写真を多用した「ここまで業務改善しました具体例(A社編)」
    などなど。
    どうでしょう。何だか楽しそうではありませんか。

これらのオリジナルコンテンツと自社の製品やサービスPRを少し織り交ぜたページをセンス良く作ってみるのです。スーパーに行くとよく調味料メーカーがレシピチラシを置いていたり、酒造メーカーがお酒に合う料理ガイドを提案していたり、ホームセンターに行くと機械メーカーが使い方ガイドを配っていたり、種苗メーカーが花木の育て方マニュアル冊子を置いていたりするあれと同じです。

ユーザーのためになるワンランク上の提案を盛り込みつつ、さりげなく自社の商品も少しだけ最後にアピールするようなコンテンツを作れば、きっとブログやSNSで紹介してくれる人が増えると思います。結果的にSEO効果となって自社ホームページのランキングは上がる、クチコミで申し込んでくれる人が現れる、問い合わせが増えるなどの好循環になっていくと思います。

最後に宣伝で弊社ではこのようなコンテンツ作成がとても得意です。その訳は多摩地域の情報誌サイトや温泉情報ガイドなどの人気サイトを数多く運営しており、そこで培ったSEOノウハウやアクセス数アップ方法をホームページ制作にも生かしているからです。よろしければご相談ください。


ホームページに関することなら何でも We welcome any enquiry.

  • 同業他社と比較した時に選ばれるサイトが欲しい
  • 取引先から「良いね」と言われるサイトにしたい
  • 見た目が古くなってしまったので新しくしたい
  • もっとレスポンスの早い制作会社に頼みたい
  • 既存顧客に自社情報をスピーディーに届けたい
  • 担当者が退職して運営更新が滞ってしまっている
  • アクセス解析を入れてマーケティングに活かしたい
  • Yahoo!で検索した時にもっと上位に表示させたい

お気軽に資料をご請求ください。

私たちは御社の魅力が多くの人にアピール出来る最高のホームページをお作りいたします。今すぐではないが、ホームページで何ができるのか、トレンドは何か、だいたいの予算だけ把握しておきたいなどというお問い合せやご相談にも対応しています。お気軽に資料請求・お問い合せください。