専門的なプログラミングの知識がなくても高度なホームページ運営が出来るCMSが人気です。最近では共有レンタルサーバーにも標準でインストーラーが付いていることが多くなりました。WordPress(ワードプレス)やJoomla(ジュームラ)のようにオープンソースでありながら高機能なものも多数あります。企業ホームページにCMSを導入する場合、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

CMSはコンテンツ・マネジメント・システムの略で、ホームページ作成ソフトなどを使わずとも、インターネット上から簡単に投稿、更新、修正、削除がおこなえるシステムです。プログラムやデザインテンプレートをあらかじめ構築しておき、投稿データをデータベースで体系的に整理整頓させていくために管理しやすいのが特徴です。

一般的なhtmlのホームページを修正する場合、制作会社に頼むか、自身でホームページビルダーなどの作成ソフトを使って修正し、FTPでサーバーにアップする必要があるのですが、CMSの場合はワードを使えるスキルがあれば誰でも更新が出来ることもあって、ビジネス用ホームページで導入する会社が増えています。

「CMSを企業サイトに導入するメリットデメリット」を詳しく読む

Scroll to Top