青梅市 澤乃井・小澤酒造(株)様 (蔵元)


「澤乃井」と聞けば誰もが知ってる西多摩の蔵元、小澤酒造株式会社様のホームページリニューアルを担当いたしました。長いおつきあいをさせて頂いているご担当者様と約1年、コンセプトからじっくり詰めて完成をいたしました。

日本酒の製造から芸術・文化事業まで幅広く展開する「澤乃井」様

日本酒の製造にとどまらず、豆腐の製造、酒蔵見学、きき酒処、ギャラリー、バーベキュー施設「煉瓦堂朱とんぼ」、JR青梅線沢井駅~御嶽駅に点在するレストラン「ままごと屋」「いもうとや」「豆らく」や美術館「櫛かんざし美術館」「玉堂美術館」の運営など多彩に展開する小澤酒造株式会社様。一般的な情報以外に、全施設の営業カレンダー、ネットショップや読み物コンテンツなどホームページに求められる役割もまた多彩です。 西多摩有数の有名観光地として閲覧数も多く、様々な目的をもって訪れたユーザーに対して便利なサイトでなければいけません。

メインイメージ

「あ!澤乃井さん!」と思わず画面の向こうの方が声に出しそうな、いかにも「澤乃井」な写真を厳選チョイス。1枚を大きく使い、シンプルなキャッチを縦書きで。 美しい緑や独特の色味を見せる清流をゆっくり眺めると、しみじみ遊びに行きたくなります。

デザインについて

デザインは大きく分けて3種類あります。

1.主要コンテンツ
奥多摩の清流を思わせる深いブルーをテーマカラーにし、長年愛され続ける、おなじみ「カニ」マークに活躍してもらいました。
どこか遊び心を感じる細かい意匠をつけつつ、コンテンツ自体が盛りだくさんですので、全体的にはシンプルを心がけました。個人的にはトップページの右サイドにならぶバナーをオンマウスすると、ちょっと動く仕掛けがお気に入りです。

2.特設コンテンツ「別冊サワノイ」
サワノイズム?漂う素敵なコラムや自然豊かな沢井で暮らす小さな動物や花の図鑑など、ここならではの読み物が引き立つよう、雰囲気たっぷりに仕上げました。

3.ネットショップ「武陽」
機能性を第一に、おすすめ商品や季節商品を効果的にPRできるよう、レイアウトを工夫いたしました。

コンテンツについて

とにかくトップページで直感的に必要なページに移動できるよう設計。「わかりやすさ」にとことんこだわり、レイアウトを工夫しました。 小澤酒造株式会社様が営む事業の全体像が伝えることにポイントをおいて、不足のないコンテンツ編成をいたしました。

CMSの活用について

特筆はWordpressをカスタマイズしつくした多彩なCMS機能。
トップページに表示されるお知らせだけで、基本情報はもちろん、ギャラリーや澤乃井園、周辺情報、グループ各店など、全部で10種類。さらにピックアップとして一定期間ずっと告知したい内容を掲載できるスペースをCMSで設置。ちょっとした更新欄を設けたページもあり、関連ページでも各所で最新情報がキャッチできます。
別冊サワノイのコラム2本、図鑑2種類もフルCMSで、いつでも手軽に投稿できます。そのほか、「澤乃井が飲める店」「澤乃井商品取扱酒店」「ネットショップ」「商品一覧」「日本酒の選び方いろいろ」もフルまたは一部をCMS化し、運営の効率化をはかっています。

全部で組み込んだCMS機能は20種類余り。通常は1~3種類が多いので、約10倍の仕様となっています。これだけの投稿機能を使いこなすには「伝える情報があること」「使いこなすマンパワーがあること」という2点が必要です。

お問い合わせフォーム

様々なレジャー、施設の集合体ですので、検討の結果お問い合わせフォームは目的に応じて選べるよう複数用意しました。

最後に

わかりやすいサイトを追求するとともに、運営管理の効率性を持たせ、同時に小澤酒造株式会社様ならではの「雰囲気」を漂わせる、というクリアすべきポイントが多い制作ではありましたが、弊社にとっても大変やりがいがありました。今後は、コンテンツをどんどん発信して頂き、より「らしい」サイトに育っていく姿を眺めて楽しみたいと思います。

関連リンク:小澤酒造株式会社公式ホームページ

http://www.sawanoi-sake.com/


ホームページは私たちが想像する以上に多くの人々が見ています。

お客様(購入者)はもちろんのこと仕入先、発注先、従業員、従業員の両親・兄弟・子ども・親族、ライバル会社、株主、将来御社で働きたいと思っている人たち、これから御社の商品やサービスを購入しようと思っている方々・・・・。

ツアーオンライン株式会社は御社の魅力が多くの人にアピール出来る最高のホームページをお作りいたします。今すぐではないが、ホームページで何ができるのか、トレンドは何か、だいたいの予算だけ把握しておきたいなどというお問い合せやご相談にも対応しています。お気軽にお問い合せください。