サンダーバードでの設定変更

サンダーバードでの設定変更

サンダーバードでの設定変更についてご説明いたします。

サンダーバードで、会社のメールを送受信出来るようにする方法です。
メール設定は

1.標準のメール設定

2.暗号化通信(SSL)を使ったメール設定

のどちらでもご利用になれます。ここでは簡単な「1.標準のメール設定」についてご説明いたします。

「2.暗号化通信(SSL)を使ったメール設定」については、ページの最下段にあります。基本的なやり方は同じで、入力する数字や選択が異なるだけです。

●標準のメール設定

1.メールアドレスをクリック

2.アカウントの設定をクリック

3.左側のサーバー設定をクリック

設定の変更をおこなうメールアドレスの「サーバー設定」をクリックしてください。

3.4つの箇所を確認・修正

ここの設定は「受信サーバー」に関する設定です。「送信サーバー」に関する設定は後でおこないます。

サーバーの種類

修正できません。
(もしここが IMAPになっている場合は設定変更できません。新規のアカウントを作る必要があります)

サーバー名 サーバー名には、

指定された「受信メールサーバー(POP3)」を入力してください

ユーザ名 ユーザ名には、

ご自身の会社のメールアドレス 例:sato@yamato.jp 最後まで入力してください

ポート 110
接続の保護

接続の保護には、「なし」を入れてください

認証方式

平文のパスワード認証(安全でない)を入れてください

4.「送信サーバー(SMTP)の設定」

次に「送信サーバー」に関する設定をおこないます。左側の一番下にある「送信(SMTP)サーバー」をクリックしてください。見つけづらいのですが、ローカルフォルダーよりさらに下にあります。

5.利用中の送信サーバーを編集

複数のメールアドレスを使っている人は、多数のアドレスが載っていると思います。「会社のメールアドレス」または「規定」になっているものをクリックして、右側の「編集」を押してください。送信サーバーの使い方は人によって異なります。

6.送信サーバーSMTPの設定

小さなウィンドウが立ち上がります。

説明

何も入れなくてけっこうです

サーバー名

サーバー名には、指定された「送信メールサーバー(SMTP)」を入力してください

ポート

587 または 25 を入れてください。お客様の環境によって異なりますが、最近は大半が587です。

接続の保護

接続の保護には、「なし」を入れてください

認証方式

平文のパスワード認証(安全でない)を入れてください

ユーザ名

ユーザ名には、ご自身の会社のメールアドレス 例:sato@yamato.jp 最後まで入力してください

終わったらOKを押してください。

以上で完了

以上で完了です。
もし下記のような画面が出た場合は、下の「理解する」にチェックを入れて、完了を押してください。

これで会社のメールを、送受信出来るようになります。

これより下は「暗号化通信(SSL)を使ったメール設定」ですので、関係のない方はこれで終了です。

●暗号化通信(SSL)を使ったメール設定

2.暗号化通信(SSL)を使ったメール設定

暗号化通信(SSL)を使ったメール設定も、基本的なやり方は上記と同じです。サーバー名や接続の保護、認証方式、ポート番号が異なるだけです。

受信メールサーバー名(POP)

指定されたメールサーバー名( mail.ssl・・・・・.jp )を入れてください。(防止のため・・・は隠しています)

送信メールサーバー名(SMTP)

指定されたメールサーバー名( mail.ssl・・・・・.jp )を入れてください。(防止のため・・・は隠しています)※受信も送信も同じです

ユーザ名

ユーザ名には、ご自身の会社のメールアドレス 例:sato@yamato.jp 最後まで入力してください

パスワード

各自のパスワード

接続の保護

接続の保護には、「通常のパスワード認証」を入れてください

認証方式

SSL/TLS (SSLを利用する・認証を使用する)を入れてください

受信ポート番号

995 を入れてください。

送信ポート番号

465 を入れてください。

終わったらOKを押してください。

●活用方法カテゴリ
・スマホサイト作成のポイント ・業種別ホームページ作成ポイント ・SEO検索エンジン対策について
・SNSの活用について ・CMSの導入・運用について ・サイト運用上の問題について
0