Gmailでのメール設定

Gmailでのメール設定

会社のメールをGmailで使う方法、メール設定方法についてご説明いたします。

Gmailでのメール設定方法についてご説明いたします。

【最初に】

Gmailを使って、会社のメールを受信出来るようにする方法です。

Gmailでは「受信」と「送信」の2つの設定をしていただく必要があります。

「受信するだけでOK」の方は、前半の設定だけで大丈夫です。
「受信して、さらに会社のメールアドレスから返信・送信したい」場合は、後半の設定もおこなってください。

●Gmailで、会社のメールアドレスを受信する

受信するだけであれば、

Gmail → 右上の歯車アイコン「設定」
  ↓
「アカウントとインポート」
  ↓
「他のアカウントでメールを確認」
  ↓
「メール アカウントを追加する」
から進んで、指定の情報を入力すれば利用できるようになります。

●受信メールサーバー
ユーザ名 ご自身の会社のメールアドレス 例:sato@yamato.jp
ポート 110
パスワード メールのパスワードを入力
POPサーバー 指定されたもの(受信POPサーバー)
メールをサーバーに残す チェックを入れる
SSLを使用する チェックを入れない(SSLを使用しない)

★受信だけでOKの場合は以上で完了です。

会社のメールアドレスを受信できればOK。返信はGmailのメールアドレスからで大丈夫という場合は以上で完了です。

●Gmailで、会社のメールアドレスから送信(返信)する

会社のメールアドレスで送信(返信)できるようにしたい場合
ここから先は、受信したメールを返信や送信する時に、差出人が「sato@gmail.com」などGmailのアドレスではなく、会社のメールアドレスから返信、送信する方法(返信したように見せる)設定方法です。

Gmailの送信サーバーを使って設定いたしますが、不正利用防止のため、ステップが多少、複雑になっています。下記の通り、進めて下さい。

1.グーグルにログインした状態で下記をクリック

グーグルにログインした状態で下記URLをクリックしてください。ここで認証をおこなわないと送信の設定ができません。
http://www.google.com/accounts/DisplayUnlockCaptcha

2.アプリのアクセスを有効にする(2段階認証の確認)

次に グーグルのマイアカウントにログインして「アプリのアクセスが有効」になっているかを確認します。

↓ 下記マイアカウントにアクセスしてください。
https://myaccount.google.com/

ページ左側の「セキュリティ」をクリックしてください。

ページ下の「安全性の低いアプリのアクセス」にて [アクセスを有効にする] にします。

※すでに有効になっている場合は、そのままでOKです。

2-B. 「2段階認証のプロセス」をオンにする

同じくセキュリティ項目の「2段階認証のプロセス」をオンにしてください。
自分の携帯番号を入れて、2段階認証をオンにすると、スマホのショートメッセージに 6桁の認証コードが飛んでくるので、入力して認証してください。
「安全性の低いアプリのアクセス」と「2段階認証のプロセス」がオフのままだと最後にエラーになります。

3.次にGmailの設定画面に戻ります。

https://mail.google.com/mail/
Gmailの設定画面に戻ります。右上の歯車アイコン「設定」→「アカウントとインポート」をクリックしてください。

4.Gmail 送信の設定

ページの左側に「名前:」(Gmail を使用して他のメール アドレスからメールを送信します)の欄がありますので、
その下の
「他のメール アドレスを追加」をクリック

オレンジ色のページが立ち上がりますので下記を入力してください。

名前 ご自身の名前(差出人)※何を入れてもOKですが、送信相手にもこの名前で届きます。
メールアドレス ご自身の会社のメールアドレス 例:sato@yamato.co.jp

終わったら「次のステップ」を押して進んでください。

5.次のページではあなたのGmailアカウントを入れます。

次のページでは、Gmailの送信サーバー( smtp.gmail.com )と、あなたのGmailアカウントとGmailパスワードを入れます。

SMTPサーバー smtp.gmail.com  ※このままコピペして入れてください
ユーザ名 あなたのGmailのユーザ名 例:sato5555@gmail.com
パスワード あなたのGmailのパスワード (会社のメールのパスワードではありません)
※または生成された16文字のアプリパスワード

※SSL or TLS: ポートによって出る推奨に合わせる(587ならTLS、465ならSSL)

6.[変更を保存]をクリックします。

【重要】二段階認証を有効にしているのに、それでもエラーになる場合は、アプリパスワードを発行する方法を試します

二段階認証を有効にしているのに、それでもアプリ認証エラーになる場合「例:認証に失敗しました。aaaaaaaa@gmail.com による 安全性の低いアプリのアクセスを・・・・SMTPAuthenticationError – 534-5.7.14 ・・・・・」のようなエラーが出る場合は、Googleの 2段階認証 だけではなく、アプリパスワードを発行する方法を試してみます。

  ↓ まずは下記にアクセスして、Gmailのパスワードで認証してください

https://security.google.com/settings/security/apppasswords

●アプリ パスワードを発行するために、「メール」を選択、使用する「デバイス」を選んでください

●「16文字のアプリ パスワード」が発行されたら、コピペして、先ほどのGmailのパスワードを入れた箇所に(ご自身のGoogleアカウントパスワードではなく)入力してください。なお、このパスワードは一度入力すれば、以降は覚えておく必要はありません。
不正利用防止のための一時的な認証なので、あなたのGoogleアカウントパスワードが変わった訳ではありません

7.会社のメールアドレス宛てに承認が届く。

変更を保存すると、会社のメールアドレス(差出人)宛てに、グーグルからメールが届きます。
これはあなたの設定が不正をおこなっていないか、実在しているかの確認です。
この作業をおこなわないと、Gmailは利用できませんので、ご注意ください。

記載された数字の「確認コード」をコピーして、メール文中のリンクをクリックして、確認コードを入力、「承認」してください。
※リンクをクリックするだけで承認が完了する場合もあります。

8.以上で完了

以上で完了です。

これで会社のメールを、Gmailを使って、送受信出来るようになります。

なお、GmailはGoogle社の製品・サービスです。Gmailの使用方法については、弊社ではお答えしかねますので、ご了承ください。

●活用方法カテゴリ
・スマホサイト作成のポイント ・業種別ホームページ作成ポイント ・SEO検索エンジン対策について
・SNSの活用について ・CMSの導入・運用について ・サイト運用上の問題について
0