ホームページ更新とサーバー、ドメイン管理を一社にまとめるメリット

ホームページ更新とサーバー、ドメイン管理を一社にまとめるメリット


会社のホームページを運用していくことは実はけっこう大変な作業です。運用には「レンタルサーバーの契約や管理」「ドメインの取得と管理」、そして「ホームページの作成と公開後の更新管理」の3つが必要になってくるのですが、これらを違う会社に依頼していると、支払いはもちろん、何かあったときの問い合わせ先もバラバラでよくわからなくなってきます。


●契約範囲がわかりにくいオフィスのIT関連

246015-1IT化が進んだ現在、オフィスのインターネット環境は様々な事業者が入り組んでいます。例えば、固定電話回線と光回線はNTT、オフィステレフォンは地元企業、LAN構築とコピー機はリコー、パソコンはデルDELL、インターネットプロバイダーはOCN、メールとレンタルサーバーはD社など、とても複雑なため、一度ホームページやインターネット関連のトラブルが発生すると、どこに原因があるのかさっぱりわからないケースが多くあります。

オフィスで通信トラブルが発生して、まず最初にG社に電話をしてみたら「それは弊社ではなくプロバイダーだと思います」と言われ、プロバイダーに電話をしたら通話中・自動音声対応でなかなか話しが進まない、そうこうしているうちに1時間、2時間と時間ばかりかかってしまう・・・。こんな経験は誰しもあるのではないでしょうか。

これらの環境構築をすべてリコーや大塚商会などの大手に依頼している会社の場合は、何かトラブルがあればまずそこに電話をすればとりあえず解決するので楽なのですが、支払金額がそれなりに高くなるということもあって、世の中の中小企業は発生ベースでその都度、購入や契約をしていることがほとんどです。

そうなるとどこからどこがプロバイダーの守備範囲で、どこがLAN構築会社の守備範囲なのかが、(特にITに詳しくない人は)本当によくわからないのですね。


●では企業のホームページ運用の場合は?

では今回のテーマ「企業ホームページ運用の場合、違う会社に依頼しているとどうなのか?」についてご説明したいと思います。

企業ホームページの運用には、「レンタルサーバーの契約や管理」「ドメインの取得と管理」、そして「ホームページの作成と公開後の更新管理」の3つが最低でも必要になってきます。会社によっては、これ以外にSEO対策会社やWEBマーケティング会社、デザイン会社などさらに出入り業者が膨れあがっているケースもありますが、付帯的なサービスなので今回は省きます。

ではこの3つを一社にまとめた場合もメリットを考えてみましょう。


●一社にまとめるメリットその1 「支払いが楽でわかりやすい」

これは経営上の大きなメリットです。レンタルサーバーはA社、ホームページ制作はB社、ドメインはC社の契約がバラバラだと、当然のことながら支払いもバラバラになります。しかも契約更新作業や支払いはIDとパスワードを使って各社の管理画面からおこなうケースも多く、ログインできなくなってしまったり、更新通知のメールを見落として失効してしまったりと、とても煩雑になってしまうことが多くなります。(ドメインの更新を忘れて、ホームページが見られなくなってしまうケースもよくあります)
また支払い手段が口座振替、振込、クレジットカード払いなどバラバラになっていると、ホームページの運用全体でどれ位の費用がかかっているのかわかりずらくなります。
その点、3つ(サーバー、ドメイン、コンテンツ更新)が一社にまとまっていると、請求内容もわかりやすく、支払い漏れなども防ぐことができます。ものごとがシンプルで透明になるのは経営上の大きなメリットです。


●一社にまとめるメリットその2 「トラブル時の連絡が楽」

3つ(サーバー、ドメイン、コンテンツ更新)を一社にまとめると、トラブル時の連絡がとても楽になります。これはホームページ担当で普段やりとりに苦労している方なら誰しも大きく頷いてしまうメリットでしょう。
前述したように、IT関連サービスの悪い点はどこからどこまでがどの会社の守備範囲なのかがわかりにくく、とりあえずG社の電話をすると「弊社では無い」と言われ、次に電話をすると通話中でつながらなかったり、緊急なのにメールでしか受け付けてもらえなかったり、本当にストレスがたまるものです。今日終わらせなければいけない仕事が他にもたくさんあるのに困ってしまいます。
これだけを考えても、一社に依頼をすればすべて話がわかるのは大きなメリットです。


●一社にまとめるメリットその3 「スムーズな運用がおこなえる」

実はこの点がもっとも重要かもしれません。
近年は、ワードプレスなどのCMSが主流になってきており、サーバーとの連携がとても重要になってきています。
CMSを使ったサイトの場合、制作時にはサーバーの機能やスペック(PHPのバージョンやDBのバージョン)によって最適なプログラムを見極めていかなければなりません。また公開後にホームページの動作トラブルがあった場合、サーバー内に入って作業をする必要があります。このような際に、サーバー契約会社とホームページの制作会社が異なると、作業がスムーズにいかないことが多いのです。ホームページ制作会社がお客さまの代わりに、サーバー会社に問い合わせをしてくれれば別ですが、サーバーを深く理解していない制作会社やデザイン主体のホームページ制作会社だと、サーバーの問題と関わるのを極力避ける傾向にあるので、なかなか話しが進みません。その結果、制作や改修作業が滞ったり、最悪の場合は問題点を発見できないケースもあります。

そのほかにも、サブドメインによるサイトの切り分け、データベースをフル活用したBtoCサイト作成、バッチ処理によるツイッターやフェイスブック情報の取得なども、サーバーの知識が必要になってきます。

レンタルサーバー、ホームページ、ドメインの3つを一社にまとめることで、小手先の対応や修正ではなく、お客様のインターネット部門を横断的に判断がすることが可能になりますので、サーバーの能力を最大限に生かした、魅力あるコンテンツを作ることができます。結果的に修正や追加投資も非常に安く抑えることが出来ます。


●余談:失敗しない制作会社選び

ホームページ制作で失敗しても良いと思っている方はいないと思います。ホームページを制作するには、お金もかかりますし、自分の時間も取られます。原稿もある程度まとめなければなりません。文章や写真をまとめるのが得意な人であれば苦にならないでしょうが、自分の仕事をしながら並行して進めていくのはけっこう大変な仕事です。

だからホームページ制作会社も良い会社を選びましょう。「一を聞いて十を知る」経験豊富な会社もあれば、「十を聞いて一しかわからない」会社もあります。ホームページ制作という仕事はまだ世の中に登場して十数年で、ある程度の知識があれば在宅や個人でも簡単に始められるため、レベルの高低差が激しいのです。こちらのページで「失敗しないホームページ制作会社の選び方」についてまとめてありますので、ぜひご覧下さい。


●宣伝:弊社では様々な業種のホームページを制作しています。

ホームページ制作だけをする会社、サーバーだけを提供する会社は多数ありますが、ツアーオンライン株式会社は企業ホームページ運用に必要な「サイト管理」「サーバー管理」「ドメイン(URL)管理」「保守サポート」を弊社が一括で管理いたします。面倒な登録作業や更新手続きも弊社が代行しておこなっております。

レンタルサーバー、ホームページ、ドメインを一社が管理することで、お客様のインターネット部門を横断的に判断がすることが可能になり、結果的に修正や追加投資も非常に安く抑えることが出来ます。「レンタルサーバーもホームページ修正も保守サポートも一社で話が通じる」この安心感が大きな特長です。
業種も建設系から小売業、サービス業、士業、教育関連などさまざまで、それぞれの業界の特徴やアピール方法などのノウハウを盛り込んでいます。ご予算も、比較的余裕のある方から、極力抑える必要のある方まで幅広く対応しています。ぜひお気軽にお声がけください。連絡先フリーダイヤル(電話番号)は下記です。



SEO検索エンジンに強い制作
公開後の保守サポートもばっちり!

TEL



●活用方法カテゴリ
・スマホサイト作成のポイント ・業種別ホームページ作成ポイント ・SEO検索エンジン対策について
・SNSの活用について ・CMSの導入・運用について ・サイト運用上の問題について
0